リスク回避の傾向は、刺激に対する感情的な反応で、 遺伝的に持って生まれた気質を指します。

リスク回避の傾向が強い人は慎重に事を処理します。 危険な仕事に徹底的に備えて、ミスを最小限に抑えます。

ただ、心配性のため、不安を感じることが多く、仕事の処理速度が遅い場合もあります。

このように、リスクを積極的に回避したり、逆にリスクを好む傾向は、 COMT遺伝子の遺伝子型に起因する可能性があります。COMT遺伝子は、ストレスを調節するドーパミンの代謝に関与しており、 遺伝子型によって ドーパミンの 分解速度が異なります。

*ドーパミンは、神経伝達物質の一つで、 新しい刺激を求める傾向や外向性と関連が深いと言われています。

ドーパミンを迅速に分解するCOMT遺伝子型を持つ人の場合、 不安な状況下でもストレスをあまり感じず、危険に飛び込むことが出来ますが、 ドーパミンの分解速度が遅い遺伝子型の人は、新しい状況に対するストレスにうまく対応できず、簡単に不安を感じ、危険な状況を回避する傾向を示します。

状況を想像するだけでも、不安を感じる方ですか?

不安な状況を想像したとき、次のような症状を自分で自覚することは、 不安感を減らし、適切な対処方法をとる上で重要です。


☑ 胸がわくわくする。

☑ 恐怖心を感じたり、パニック状態に陥る。

☑ じっと座っているのが難しくなる。

☑ 夜に深い睡眠をとることが困難になる。

☑ 胸やけがあり、めまいがする。

☑ 手に汗が出て、口の中が乾く。


不安を解消する方法1

不安を解消する方法2

もし...ならどうしよう?という考えで不安を解消できない時には、そのような状況が発生した場合を想定して、どのように対処できるか、最悪の状況はどうなるのか、直接書きみましょう。

不安を解消する方法3

自分のお気に入りやストレス解消の活動のリストを作成してみてください。

散歩する、旅行や趣味を計画する、コンビニでお好みのおやつを買うなど
マイナーな活動まで順番に書きます。

このリストを不安を感じたときに一個ずつ見ながら、今どのような活動ができるか、考えてみると参考になることがあります。

性格が遺伝的要因によって、100%決定されるわけではございません。先に紹介した生活習慣の改善方法などを実践することで、リスクに対する捉え方を変えることが出来ます。


リスク回避傾向の遺伝子分析は、ジェノプラン・ジャパン研究所で行われます。

この分析は、遺伝的傾向を提供するものであり、
お客様の生活習慣や環境によっては、実際のお客様の状態と異なる場合があります。

References:
WikiHow「不安を自然に解消する方法」