2019年12月に中国で初めて報告され、世界中へと感染が拡大している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は教育、仕事、旅行等、我々の日常に非常に大きい影響を及ぼしています。現在では非対面·非接触の日常が当たり前となり、健康と衛生管理に気を使った、ポストコロナ時代を生きることを余儀なくされています。

ジェノプランは、新型コロナウイルスに関する情報をお伝えするため、「新型コロナウイルスの感染リスク」という項目を追加し、感染リスクや重症化リスクをお客様にお伝えするサービスを開始します。

次のページ以降では、我々の日常を変えてしまった 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について、詳しい説明をします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とは?

正確な名称はコロナウイルス感染症-19(Coronavirus disease-19, COVID-19)で、Severe Acute Respiratory Syndrome-Coronavirus-2(SARS-CoV-2)ウイルスによって感染する疾患です。今までコロナウイルスは、6種だけが人に感染することで知られていましたが、今回の中国で発生したウイルスは、既存のコロナウイルスと性質が異なり、新種のコロナウイルスに分類されました。

人に感染するコロナウイルスは、風邪を起こすタイプと、重症肺炎を起こすタイプに分けられます。過去、私たちを緊張させたSARSそしてMERSが重症肺炎を起こす可能性があるタイプに属し、新型コロナウイルスはSARS-CoVの変種で、公式名則はSARS-CoV-2です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はどのように感染しますか?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、主に飛沫感染によって感染するものと考えられており、感染者のくしゃみ・咳・唾液などに含まれるウイルスを吸い込むことで感染します。

飛沫以外にも感染者が物を触ることによって、物にウイルスが付着し、その物を触った人が手で口・鼻などを触ることにより粘膜から感染する「接触感染」で感染することもあります。

また、換気の悪い密閉空間はウイルスを含む飛沫が空気中に漂い、感染源になることがあります。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療及び予防方法は何がありますか?

予防法で最も効果的な方法では、手洗い、マスクの着用などの衛生管理を徹底することです。

手洗いは水と石鹸で30秒以上きれいに洗ってください。水で洗えない場合は、手指消毒剤(アルコール濃度60~80%)を使用してください。 咳またはくしゃみをする際は、マスクやティッシュ、ハンカチ、服の袖で口と鼻を覆って、飛沫が飛ばないようにしてください。 3密(密集·密接·密閉)を避け、他人とはできるだけ2m(最低1m)の距離をおきましょう。 室内にいる場合は、換気を頻繁に行って、空気の循環を心掛けてください。 感染が流行する地域への移動は控えてください。

ジェノプランで提供する項目は、どのようにして開発されたのですか?

多くの研究者はCovid-19発症に関わる遺伝因子を見つけるために、ゲノムワイド関連解析 (Genome wide association analysis, GWAS)を行いました。

彼らは同じ環境にいた人々の中で、Covid-19に感染した人と感染していない人の SNPを比較分析しました。また、Covid-19に感染して入院した人々の中で症状が重症化した人からより多く発見される SNPを見つけました。

ジェノプランは、2021年 2月までに投稿されたそれらのCOVID-19関連論文を収集し、遺伝情報(SNP)を基に遺伝的な新型コロナウイルスの感染リスクと重症化リスクを予測するシステムを開発しました。該当結果は Genoplan 遺伝子検査レポート内の「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染リスク」と「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化リスク」でご確認できます。


治療薬はまだ開発途中ですが、ワクチンは数種類開発されており、現在世界中で接種が行われています。ワクチン接種は、私たちの体がウイルスに感染することなく、安全に免疫を獲得できるため、感染リスクや重症化リスクを未然に下げることが出来ます。

また、衛生管理を徹底することも予防に繋がりますので、推奨される予防方法を徹底して、新型コロナウイルスから自分と家族を守り、新型コロナウイルスの終息の知らせを聞けるまで、皆で力を合わせて頑張りましょう!

  • ジェノプランは、新型コロナウイルス(SARS-CoV2)感染に関する遺伝子検査の結果を、お客様に提供します。

👉 「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染リスク 」及び「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化リスク」のレポートを確認する