ビタミンCは、体内の抗酸化作用に優れた栄養素です。正常細胞を攻撃して老化を促進し、病気を引き起こす活性酸素を除去し、細胞を健康に保ってくれます。

また、皮膚の結合組織に不可欠なコラーゲンタンパク質の合成に役立ち、肌と歯茎を健康に維持させ、弾力を保ちます。

身体の健康に重要な役割を果たすビタミンCは、遺伝子型によって体内に吸収される程度が異なります。遺伝子は、どのように体内ビタミンCの吸収に関与しているでしょうか?

食品を介して入ってきたビタミンCを吸収するためには、SVCT1タンパク質が必要です。このタンパク質を作る遺伝子がSLC23A1です。この遺伝子に変異がある人は、SVCT1タンパク質がよく生成されず、体内にビタミンCがあまり吸収されません。

ビタミンCが欠乏するとコラーゲンが不足し、歯茎から血が出やすくなり、傷が治りにくくなります。また、慢性疲労、貧血、鼻出血(鼻血)、うつ病などの症状が現れることもあります。

ビタミンCの効果的な摂取方法

ビタミンCの補充のためには、野菜や果物を、1日に1回以上摂取してください。
ただし、ミキサーにかけたり、長時間加熱調理すると、ビタミンCが破壊されるので、そのまま摂取することをお勧めします。

ビタミンCの抗酸化効果を向上させる方法

有酸素運動とビタミンCの摂取の両方を長期間行うと、体内の抗酸化能力が向上します。ビタミンCの摂取と共にランニング、自転車、水泳、登山などの運動を着実に行いましょう。

ビタミンCで喫煙者の健康を保つ方法

喫煙者は、活性酸素を除去するために、より多くのビタミンCが必要です。一般成人に必要なビタミンCは、一日にみかん2個(100mg)です。喫煙者であれば、ここでキウイ半個(30mg)程度を追加で摂取する必要があります。

旬の果物や新鮮な野菜でビタミンCを十分に摂取しましょう。美肌から老化防止、免疫力増進まで身体の健康に役立ちます。


ジェノプランは「ビタミンC(血中濃度)」に関する遺伝子分析の結果を提供します。