ビタミンDは、骨格の形成に必要なカルシウムの吸収を助ける栄養素です。体内のカルシウムとリンの濃度調節を介して、骨を丈夫にし、細胞の増殖と分化の調節に関与します。

ビタミンDが体内に吸収される程度は、遺伝子型によって異なります。
遺伝子は、どのように体内ビタミンDの吸収に影響を与えるでしょうか?

ビタミンDの体内吸収のためには、ビタミンD結合タンパク質DBPが必要です。このタンパク質の生成に関与する遺伝子がGCです。
GC遺伝子に変異がある場合、DBPがうまく生成されなくなり、ビタミンDがスムーズに移動できず、必要な場所に行き届かなくなります。

ビタミンDが欠乏するとカルシウムがよく吸収されず、くる病、骨軟化症、骨粗しょう症に起因する骨折などが発生する可能性があります。また、低カルシウム血症を伴って甲状腺機能不全が発生することもあります。

ビタミンDを効果的に蓄える方法1

ビタミンDは、日光で合成されるので、週2回以上、真昼に5〜30分程度外に出て日光を浴びてください。または登山も良い方法です。体力に負担がない、適切な道を選択して、アウトドアを楽しんでください。

ビタミンDを効果的に蓄える方法2

サケ、サバなどの脂の多い魚を1日一切りずつ摂取しましょう。
毎日魚を食べるのは難しい場合、卵、キノコ、牛乳などをお召し上がり下さい。

ビタミンDを効果的に蓄える方法3

外出する機会が少ない場合は、ビタミンDが欠乏することがありますので、サプリメントを摂取してみてください。ただし、過剰摂取には注意して、必要な分だけ摂取するようにしてください。

アウトドアの活動や食べ物、サプリメント摂取等を行って、ビタミンD欠乏症を予防し、骨の健康を守ってください。


ジェノプランは「ビタミンD(血中濃度)」の遺伝子分析結果を提供します。