我慢できない食欲に失敗したダイエット、もしかしたらレプチン抵抗性のせいではないでしょうか?

レプチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンで、満腹感に影響し、食欲を抑制する役割を持っています。体脂肪が増加すると、レプチンが増加して、食欲が抑制されます。

レプチンに対する抵抗性が生じた場合、私たちの脳はレプチンから送られるシグナルを正常に検知できません。

肥満の人はレプチンの濃度が高くなりますが、シグナルを正常に検知できず、満腹感が得られないため、過食をして、より体重が増加してしまいます。

レプチンに対する抵抗性は、睡眠不足、ストレス、炭水化物過剰摂取、遺伝子の変異などが原因になって生じることがあります。

レプチン抵抗性を改善する方法1.十分な睡眠を行う

レプチンは、睡眠を睡眠中に増加します。睡眠時間が1日6時間以下の人は、レプチン値が減少して、肥満になる可能性が高くなります。一日7〜8時間程度、十分な睡眠をとってください。

レプチン抵抗性を改善する方法2.ビタミンDを摂取する

ビタミンDは、レプチンの分泌を促進させます。体内のビタミンD量が減れば、レプチン量も減ってしまい、食欲調節に影響を受けることになります。日光からビタミンDを合成することができるように、一日30分程度の散歩をしましょう。

レプチン抵抗性を改善する方法3.筋力トレーニングをする

継続的な筋トレはレプチンの抵抗性を効果的に低減させます。体幹の筋肉を鍛えるプランクを毎日行ってみてください。初めての場合、15秒を目標に開始し、徐々に支える時間を増やして行ってください。

案内した方法の他にも、ゆっくりと食べること、加工食品の摂取を抑える等、様々な方法でレプチン抵抗性を改善してみましょう。


ジェノプランは「食欲の調節力(レプチン値)」の項目の遺伝子検査の結果を提供します。