最近、お腹周りの脂肪が気になってきてはいませんか?

内臓脂肪型肥満とは、お腹の腸間膜などに脂肪が過剰に蓄積しているタイプの肥満を指します。

内臓脂肪の原因

内臓脂肪は運動不足、飲酒や喫煙、慢性的なストレス、過食、そして遺伝子変異などが原因で増加することがあります。内臓脂肪型肥満は成人病に繋がることがありますので、お腹の脂肪が気になる方は、普段の生活習慣を見直すことが重要です。

内臓脂肪を減らす生活習慣1.食物繊維が豊富な食品の摂取する

毎日適量の食物繊維を摂取すると、効果的に内臓脂肪の数値を下げることができます。繊維質が豊富なほうれん草、キャベツ、ブロッコリー、リンゴなどを摂取してみてください。

内臓脂肪を減らす生活習慣2.サイクリング

内臓脂肪は、有酸素運動によって減らすことができます。毎日40〜60分ずつ自転車に乗ってみてください。運動によって、カロリーを消費し、内臓脂肪を落としましょう。

内臓脂肪を減らす生活習慣3.バフィーテストを行う

バフィーテストは、短時間で非常に効率的な有酸素性筋力トレーニングです。図の動作を参考に行ってください。初めは、一日に10回を目標にしましょう。

内臓脂肪を減らす生活習慣4、十分な休息と睡眠とる

慢性的なストレスは、脂肪をため込むコルチゾールを過剰に分泌にさせて、内臓脂肪を蓄積させます。十分な休息と睡眠は、ストレスを解消します。

規則的な有酸素運動や食習慣、生活習慣の改善を行い、内臓肥満を減らし、成人病を予防しましょう。


ジェノプランは「内臓肥満」の項目の遺伝子検査の結果を提供しております。