リバウンドは、ダイエットした後に元の体重に戻ってしまうことを指します。私たちの体が自分自身を保護するために、代謝量を減らして元の体重に戻そうとすることが原因です。

代表的な肥満遺伝子FTOに変異がある場合、食欲が増加して太りやすく、ダイエットをしても、リバウンドしてしまう可能性も高くなります。

ダイエットとリバウンドの繰り返しで体重の変化がひどい場合、糖尿病、心血管疾患、様々な癌の発症の可能性と重症率が高くなることがあります。
リバウンドを防ぐことができるよう、着実に体調管理することが重要です。


リバウンドを防ぐ食事療法1.絶食はしていない

絶食は短期的にはダイエット効果がありますが、私たちの体がエネルギーを蓄積する傾向を強くして、リバウンドを起こしやすい体質になってしまいます。

リバウンドを防ぐ食事療法2.適正量の炭水化物を摂取する

炭水化物を摂らないと、タンパク質の損傷と不完全な脂肪の酸化をもたらし、ダイエットと体調管理に悪影響を及ぼします。

リバウンドを防ぐ食事療法3.ダイエット達成後も食事量を維持する

ダイエットを達成した後、すぐに前の食事量に戻してしまうと、体がエネルギーを確保しようとするため、すぐ太ってしまいます。ダイエットに成功しても、3〜6ヶ月の間は、ダイエット期間中の食事量を維持しましょう。

食事療法のほか、駅を利用せずに歩いたり、エスカレーターではなく階段で移動する等、運動量を増やすこともリバウンドを防ぐために重要です。また、周りの人と一緒に食事をして、お互いの食習慣をチェックすると、より効果的にリバウンドを防げます。


ジェノプランは「リバウンド」の遺伝子検査の結果をお客様に提供します。