筋力とは、筋肉が一度収縮するときに発揮する力の最大値を意味します。

筋力を発達させると、様々な病気の予防に繋がり、より健康的な生活を過ごすことができます。特に40代以上になると筋力が低下するため、着実にトレーニングをして筋力を強化することをおススメいたします。

最新研究によると、ADAMTSL3遺伝子の変異がある人の方が、変異がない人よりも筋力の発達がいいことが分かっており、当該遺伝子の変異が筋力の発達と関連していると考えられています。

筋力の発達に役立つエクササイズ1.膝つき腕立て伏せ

1.両膝を床につけます。

2.両手を肩幅の約2倍に広げ、床に置きます。

3.胸が床に触れるように体を下ろします。

4.腕ではなく、胸で床を押す感覚で上半身を持ち上げます。

5.約20回繰り返します。

筋力の発達に役立つエクササイズ2.ヒップリフト

1.仰向けになった後、膝を立てます。

2.足を骨盤の広さに広げて、手のひらは床につけます。

3.骨盤をゆっくりと持ち上げ、腰に力を入れて10秒間保持します。

4.背中から腰の順で、ゆっくり体を床に降ろします。

5.③-④を10回繰り返します。

筋力の発達に役立つエクササイズ3.ランジ

1.足を肩幅に広げ、手を腰に当てて直立します。

2.片足を約70〜100cm前に出します。

3.後ろ足のかかとを上げます。

4.前脚の膝を直角に曲げ、後脚の膝が床に触れるように体を下ろします。

5.下半身の力でゆっくりと起き上がり、後ろ足をまっすぐに伸ばします。

6.④-⑤を15回繰り返し行います。また、右足と左足を入れ替えて、同様の運動を行います。

筋肉はたんぱく質と水分が豊富です。筋肉を効率的に増やすため、運動すると共に良質のタンパク質、炭水化物などバランスよく。ただし、消化に時間がかかる肉ベースの食事は、運動の直前に食べるべきではないことに注意してください。


ジェノプランは「除脂肪体重」の遺伝子検査の結果をお客様に提供します。