不眠症は睡眠障害の一つです。眠れる環境でもなかなか寝付けない、深く眠れなくてもすぐに目が覚めるなど、さまざまな症状が現れます。

不眠症の原因

不眠症の原因には、ストレス、周囲の騒音、悪いライフスタイル、および遺伝的要因が含まれます。特に、MEIS1 遺伝子に変異がある人は、そうでない人よりも不眠症になりやすい。

不眠を改善する方法 1. 睡眠習慣を変える

寝るときだけベッドを使い、眠いときにだけ寝ましょう。また、就寝した時間に関係なく、毎日同じ時間に起きると、規則正しい睡眠がとれるようになります。

不眠症を改善する方法 2. マグネシウムを含む食品を食べる

精神を安定させる効果があるマグネシウムは、筋肉をリラックスさせ、ストレスを軽減することで睡眠を助長します。バナナ、牛乳、クルミやピーナッツなどのナッツには、マグネシウムが豊富に含まれています。

不眠症を改善する方法 3. カフェイン、アルコール、タバコを避ける

睡眠を妨げるカフェイン入りの製品 (コーヒーや栄養ドリンク、チョコレートなど) は避けてください。また、アルコールやタバコは睡眠の質を低下させるため、なるべく摂取しないようにしましょう。

不眠が続くと、疲労の蓄積、記憶力や学習力の低下、不安神経症、うつ病、パニック障害などが起こることがあります。一晩中寝返りを打つ夜を過ごしているなら、紹介した改善方法を試してみてください。


ジェノプランは「不眠症」の遺伝子検査結果を提供します。