むし歯は、歯が虫食いのように穴が開いて、黒くなった状態を指します。むし歯は、細菌が酸を出して歯を溶かす現象であり、ひどくなると歯髄まで感染してしまいます。

むし歯が生じる原因は多様であり、遺伝子の変異も、その原因となることがあります。遺伝子がむし歯の発生にどのような影響を与えるか明らかではありませんでしたが、最近の研究でむし歯になりやすい人と、そうでない人々の間いくつかの遺伝子に差があると分かってきました。

正しい歯の管理法1.333の法則

1日3回、食事後30分以上間をおいて、3分以上歯磨きします。糖分や炭酸を摂取した後は口の中が酸性に傾き、直後に歯磨きを行うと歯が削られる恐れがあります。 そのため、30分以上間を置くようにしましょう。

正しい歯の管理法2.フロスを使用する

ブラッシングだけでは歯の間の汚れを取り除くには限界があるので、歯磨き前または後にデンタルフロスを使用して下さい。歯の間を広げ、炎症を引き起こす可能性があるつまようじに比べて安全で衛生的です。

正しい歯の管理法3.歯磨き正しく送る

定期的に歯を磨いてもむし歯になりやすい場合は、フッ化物が1,000ppm以上含まれている歯磨き粉を使用してみてください。また、歯ブラシの1/3または1/2の量だけ歯磨き粉を使用することをおススメします。

他にも硬い食べ物をよく食べたり、片側のみに噛む習慣も歯の健康に影響を与えます。歯の管理をおろそかにすると、後々大変な事になるので、注意しましょう。普段から歯を清潔に保って、むし歯を予防しましょう。

 


ジェノプランは、「むし歯」の遺伝子検査結果を提供します。