腰痛は、80%の人が生涯に少なくとも1回は経験する一般的な症状です。腰痛は、悪い姿勢、背中と腹筋の不均衡や重い荷物の運搬など、さまざまな原因によって引き起こされる可能性があります。

遺伝子は腰痛にも影響を与える可能性があります。SOX5遺伝子は、椎間板と椎骨の形成に重要な役割を果たします。SOX5の遺伝子変異は、腰痛のない人よりも腰痛のある人に多く見られることがわかっています。

腰や背中が頻繁に痛くなる方は、日常生活で背中に負担をかけるような姿勢をとらないように注意してください。時間があるときに、腰のストレッチをすることをおススメします。

ストレッチ1。

  1. 手と膝を床につけ、背中を床と平行にします。
  2. 息を吸いながら、頭を上げて天井を見て、背中を曲げながら、しばらくその位置を保ちます。
  3. 息を吐きながら、頭を下げてへそを見ると同時に、尾骨、腰、背中の順に曲げ、しばらく姿勢を保ちます。
  4. ②と③を約10〜20回繰り返します。

ストレッチ2。

  1. 体を床に寝かせた状態で、足をまっすぐにし、肘を曲げて両手を胸の横に置き、手を床につけます。
  2. 手のひらで床を押し、腕ではなく腰で上半身をゆっくり持ち上げます。このとき、胸が前を向いており、背中が過度に曲がっていないことを確認してください。
  3. 5秒間深く呼吸してから、背中の姿勢を維持しながらゆっくりと戻ります。
  4. ②と③を5〜10回繰り返します。

ストレッチ3。

  1. 足をまっすぐにし、腕を肩のラインまで伸ばした状態で、床に仰向けに寝ます。
  2. 上半身を固定した状態で、右膝を立てた後、足を上げて直角にします。
  3. 左手で右膝をつかみ、左の床につけて、10秒間押し続けてから、開始位置に戻ります。
  4. 10〜15回繰り返してから、もう一方の足でも同じようにします。

ストレッチは、筋肉や靭帯組織の柔軟性を増やし、痛みの緩和に役立ちます。腰痛に不安がある方は、今すぐストレッチをしましょう。腰の違和感が解消され、快適に過ごせるようになります。


ジェノプランは「腰痛」の項目の遺伝子検査の結果を提供します。