月経困難症は、生殖年齢の女性の25%以上に認められ、若年女性ほどその頻度は高くなります。生理直前の2〜3日間の下腹部、骨盤、尾骨の痛みが特徴です。

妊娠中の女性の体では、生理が始まる直前に黄体ホルモンが減少し、これは炎症反応と子宮収縮を引き起こし、生理痛を引き起こします。特にNOS1APなどの遺伝子に変異があると、原発性生理痛が発生する可能性が高くなるという研究報告があります。

ストレス、不均衡な食習慣、運動不足、喫煙などは、生理痛を悪化させる要因なので、生理痛を緩和するためには、悪い生活習慣を改善する必要があります。

生理痛を軽減する方法1.抗炎症薬を服用する

生理痛が始まったときに非ステロイド性抗炎症薬を服用すると、プロスタグランジンの産生が抑制され、痛みが軽減されます。痛みが軽減されない場合は、子宮筋を弛緩させる鎮痙薬を一緒に服用してください。また、お薬を服用される場合は、必ず医療機関の指示に従ってください。

生理痛を軽減する方法 2. お腹を温める

カイロなどを利用して下腹部を温めてください。血液の循環を促し、痛みの軽減に役立ちます。カイロ等がない場合は、タオルをお湯に浸した後、ビニール袋に入れて代用してください

生理痛を軽減する方法 3. 股関節のストレッチ

1.胸と腰をまっすぐにした状態で床に座り、両足の裏を合わせます。

2.両足を両手でつかみ、上体に引き付けます。

3.息を吐きながら、額が床に触れるように上体を下げてから20〜30秒間姿勢を維持します。

4.息を吸いながらゆっくりと上体を起こします。

ご紹介した方法を参考すると共に、普段の食習慣もチェックしてみてください。ビタミンBとマグネシウムが豊富な緑黄色野菜、ナッツ、バナナなどの食品を摂取すると、生理痛を軽減するのに役立ちます。


ジェノプランは「生理痛」項目の遺伝子検査の結果レポートを提供します。