活性酸素は私たちの体内の代謝過程で生成された不安定な酸素であり、正常細胞を攻撃して老化や各種疾患の原因となります。抗酸化とは、この活性酸素を除去して細胞の老化(酸化)を防ぐことを意味します。

抗酸化は遺伝子型による影響を受けます。例えば、PCSK2遺伝子は遺伝子型によって、抗酸化に役立つ抗酸化物質の生産量が異なるとされています。年をとるにつれて体内の活性酸素除去能力は減少するので、遺伝的に抗酸化能力が高くても、健康的な生活を送って維持することが重要です。

抗酸化作用を改善する方法 1. 野菜や果物、色別に毎日食べる

ファイトケミカルは野菜や果物特有の色を表す成分であり、植物性天然化学物質です。種類が豊富で、抗酸化作用による各種疾患の予防に役立ちます。

抗酸化作用を改善する方法2.緑茶を使用する

細胞が老化するにつれて、しわが形成され、弾力性が低下します。緑茶に含まれるカテキンは、細胞の老化を抑える効果があります。定期的に緑茶を飲むか、カテキン成分が含まれた洗顔料やパックを用いてください。

抗酸化作用を改善する方法 3. 軽く散歩する

1日30分から1時間ほど軽く散歩すると、活性酸素の除去に役立ちます。ただし、過激な運動は乳酸が溜まってしまい、むしろ活性酸素を高めるリスクがあるので、運動の程度には注意してください。

私たちの体の抗酸化力を高めることで、老化を遅らせることができます。お知らせした方法を着実に実践して、健康な体を維持してください。


ジェノプランは「抗酸化」項目の遺伝子検査の結果レポートを提供します。