ストレスによって毛が白くなる機構を解明

髪の色が黒くなるのは、毛包にあるメラノサイトという細胞がメラニン色素を生成するためです。このメラニン色素が何らかの原因によって生成されなくなると、髪の毛は色素を失い、白髪になってしまいます。白髪になる理由として、加齢と精神的ストレスが原因と考えられていますが、それらの要因がどのように白髪に関与するのか、そのメカニズムについては今まで明らかになっていませんでした。

今回、ハーバード大学の研究チームは、ストレスと皮膚や体毛の関係性を調べるべく、ストレス状況下でのマウスの体毛の変化を解析しました。解析の結果、ストレスにさらされたマウスは、数日以内にメラノサイト幹細胞が減少し、白髪化が急速に進むことが発見されました。さらに、ストレスによって交感神経が刺激され、ノルアドレナリンという神経伝達物質が放出される。そして、放出されたノルアドレナリンがメラノサイト幹細胞の増殖、分化、移動を即すことで、毛包にあるメラノサイト幹細胞を枯渇させるというメカニズムを明らかにしました。

本研究で、急性ストレスによって誘発される神経活動が幹細胞に不可逆的なダメージを与えること、そして、体制幹細胞の維持に精神的な状態が直接関与することが解明されました。また、筆者らは、将来的にこのメカニズムが加齢中に発生する幹細胞の損失にも関与するかどうか、及びストレスが老化を加速させているのかどうかを解析することは興味深いと述べています。

この記事に関する論文は、オンライン科学雑誌「Nature誌」(2020年1月付け)に掲載されています。

References:
https://www.nature.com/articles/s41586-020-1935-3