日本人の食生活に影響を及ぼす遺伝子を発見?

食習慣を含めた生活習慣の違いは、健康な生活に大きな影響を与えます。個人の食習慣は、文化や生活様式、環境および民族性などによって異なります。これまでの研究で、ある特定の遺伝子変異がコーヒーや魚の摂取量に影響を与えることが分かっています。また、別の研究では、アルコール依存に遺伝子変異が関与することが指摘されており、さまざまな集団における食習慣と遺伝子との関連を調べる遺伝学的研究が健康的な生活を築く上で必要とされています。

今回、理化学研究所共同研究グループは、飲酒(飲酒量・飲酒歴)、飲料(コーヒー、緑茶、牛乳)の摂取頻度、食品(ヨーグルト、チーズ、納豆、豆腐、魚、小魚、野菜、肉)の摂取頻度の13項目について、バイオバンク・ジャパンに登録されている日本人約16万人の遺伝情報を基に大規模なゲノムワイド関連解析を行いました。解析の結果、新たに10項目に対する9遺伝子座の関連を同定しました。さらに、そのうちの5カ所は、病気や臨床検査値とも関連があることが分かりました。特に、9項目の食習慣に影響することが判明したALDH2遺伝子の遺伝子多型(rs671)が、白血球数やHDLコレステロールなどの29種類の臨床検査値、および2型糖尿病や心筋梗塞などの12種類の病気に対して関連を持つことが明らかになりました。

本研究によって、日本人の食習慣の遺伝的背景の一端が明らかになりました。本研究の結果を基に、食習慣の個人差と疾患発症リスクや健康寿命との関係性の解明が進むと期待されます。また、遺伝学的影響による食習慣と病気のリスクや予後の予測、個別化医療の実現に貢献するものと考えられます。

この記事に関する論文は、オンライン科学雑誌「Nature Human Behaviour」(2020年1月付け)に掲載されています。

References:
https://www.nature.com/articles/s41562-019-0805-1#additional-information